セレコックス錠,通販,副作用,効果

セレコックス錠の効果

MENU

セレコックス錠の効果

セレコックスは痛み止めとして効果は高いのですが、副作用がとても低く画期的な鎮痛薬です。

 

セレコックスは非ステロイド性抗炎症薬、別名NSAIDsの一種に分類される解熱鎮痛薬であり、基本的には熱が出た時に熱を下げたり、あるいは痛み止めとしての効果・効能を持っています。

 

同じNSAIDsとして分類される薬はいくつもありますが、この薬の最大の特徴としては薬効が強く、副作用が軽いという点が挙げられます。

 

セレコックス錠,通販,副作用,効果

 

NSAIDsが痛み止めや解熱薬としての効果を発揮するのは、体内で作られる痛みや炎症、発熱を引き起こす物質であるプロスタグランジンが機能するのを邪魔をするためです。

 

このプロスタグランジンはアラキドン酸からシクロオキシゲナーゼ、別名COXという酵素によって合成されますが、NSAIDsはこのシクロオキシゲナーゼの作用を邪魔するのです。

 

シクロオキシゲナーゼにはCOX-1、COX-2の2種類があります。COX-1には胃の粘膜を保護する作用があり、COX-2が主に痛みや炎症、発熱を起こすという機能を発揮します。

 

従来のNSAIDsでは、COX-1とCOX-2のいずれの機能も邪魔するので、COX-2が機能しなくなることで解熱鎮痛薬としての効能を発揮するものの、COX-1を阻害することによって胃の粘膜の保護機能が落ちてしまい、胃が荒れやすくなるという難点がありました。

 

そこで開発されたセレコックスはCOX-2のみを選択的に邪魔することによって、胃の粘膜が荒れにくくなり、なおかつ少ない薬の量でよりCOX-1に効きやすくなるため、痛み止めとしての効果もより高くなっていると言えます。

 

このようにセレコックスは痛み止めや解熱薬としての効能があり、同じ薬の量だとより強い解熱鎮痛薬としての機能を発揮するという利点があり、なおかつその選択的COX-2阻害作用という特徴を生かして痛み止めなのにもかかわらず、NSAIDsの副作用として特徴的な、胃が荒れるといった症状がほとんど見られないという理想的な薬と言えます。

 

↓セレコックスを安全に通販するならコチラ↓

セレコックス錠,通販,副作用,効果

 

セレコックスTOPへ