セレコックス,通販,副作用,効果

セレコックスの副作用

MENU

セレコックスの副作用

セレコックス,通販,副作用,効果

 

セレコックスには腹痛や下痢、口内炎等が主な副作用として報告されています。

 

少ない副作用としては重度の初期の症状として、アナフィラキシーショックで冷や汗が出たり顔面蒼白等になる事もあります。狭心症で胸が痛くなったり、締付けられる感じがしたりします。

 

心不全では息苦しくなり動悸がしてきて、脳卒中では手足のしびれや麻痺になったりします。消化性潰瘍では胃痛や腹痛等で重度の皮膚障害もあり、発疹や水膨れを起こします。

 

中毒性表皮壊死融解症で発熱が出たり、剥脱性皮膚炎は紅斑が出たりします。これらの症状が出たら医師に早めに相談をします。

 

服用する時には、多めの水で服用して胃に負担をかけないようにします。長期間の服用は避けて、もしも症状が改善しない時には医師に相談をします。

 

副作用が引き起こさないように飲酒は控えて、服用している時はめまいや眠気が出る事もありますので車の運転や激しい運動等は避けるようにします。

 

どうしても行わないといけない時は、注意がかなり必要です。シクロオキシゲナーゼを投与する事により、心筋梗塞や脳梗塞になる事もありますので投与している時は一緒に飲まないようにしましょう。

 

セレコックス,通販,副作用,効果

 

飲み合わせが良くない薬もあり、ACE阻害剤やリチウムやパロキセンチ等いくつもあります。

 

一緒に服用しますとお互いの作用を強めたり弱めたりする事もありますので、服用している薬がある方は薬によっては注意が必要になります。

 

消化性潰瘍や肝障害や腎臓障害や心機能障害等にかかっている人は、服用してはいけません。薬はもちろん、妊娠中や授乳中の女性は服用は絶対しないでください。

 

6時間以上を開けて服用するようにして、1回に2錠飲んではいけないです。もしも2錠飲んでしまったら薬剤師に相談して、医師の判断なしで飲むのをやめないようにします。

 

飲み忘れた時は出来るだけ早く飲むようにして、次の時間に近い場合は飲まずにとばして次の時間に服用するようにして下さい。

 

↓セレコックスを安全に通販するならコチラ↓

セレコックス,通販,副作用,効果

 

セレコックスTOPへ