セレコックス,ロキソニン

セレコックスとロキソニンの違いは何?

MENU

セレコックスとロキソニンの違いは?

セレコックス,ロキソニン

 

ロキソニンは鎮痛剤の代名詞のように、医療機関でも市販薬としても大活躍です。それはとっても良く効くからです。

 

けれど、長期にわたって飲み続けていると胃を荒らしていまう事があります。それでも、頭痛・生理痛や色々な痛みには勝てませんよね。

 

ですから病院などでは胃腸薬と一緒に処方されたりします。けれど、何かの疾患で医師にかかっている人でなければ、市販薬を買って服用しているのではないでしょうか。

 

そして、慢性化した痛みのために鎮痛薬を飲み続けていると、知らず知らずのうちに胃潰瘍まで進んでしまうことも。

 

この「胃を荒らす」という副作用を改善するために開発された薬がセレコックスです。

 

両方とも非ステロイド抗炎症剤といわれるタイプの痛み止めです。痛みと炎症・発熱を起こすプロスタグランジンの生成を抑えます。ですから、ロキソニンと同様の効き目があります。

 

セレコックス,ロキソニン

 

では何が違うか?それにはまず、痛みが発生するプロセスを説明する必要がありますね。痛みの元であるプロスタグランジンはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素によって作られます。

 

舌を噛みそうなくらい長い名前なので以下COXと略しますが、両方ともがCOXを阻害してくれます。

 

実はCOXという酵素には、胃粘膜を保護する働きを持つCOX1と炎症や痛み・発熱を引き起こすCOX2という2種類が存在するのです。

 

ここから違いなのですが、ロキソニンはこのCOX1とCOX2の両方を阻害し、セレコックスはCOX2だけを選択的に阻害します。もう、お分かりですね?

 

セレコックスは胃粘膜を保護するCOX1の働きを抑えることが無いため、胃を荒らすことなく、炎症や痛みを抑えることが出来るのです。

 

また、飲み方は作用時間が長いので、1日2回の服用で効果があります。ただ、解熱剤としての効能効果は載っていませんので気をつけてください。
そしてまだ市販薬として販売されていませんのでドラッグストアに行ってもありません。医療機関でも処方か、個人輸入、通販などで購入できます。

 

↓セレコックスを安全に通販するならコチラ↓

セレコックス,ロキソニン

 

セレコックスTOPへ